屋外で食べると美味しく感じます

屋外で食べると美味しく感じます

屋外で食べると美味しく感じます

私の家が加入している新宿区のある町内会では、年に2度近くの公園を使って焼肉を開きます。
その時は、とても大きな業務用のコンロにたっぷりの炭を入れてジンギスカンや魚を町内の人達でいただくのです。

 

引っ越したばかりであることと、アパートであること、そしてあまり人づきあいが得意ではないことで何回かは遠慮していたのです。
ですが、焼肉は近くを通るとてもいい匂いで、食い意地が張っているだけと言えば反論は出来ませんが、
自分も食べたくって仕方がなくなってしまうんですよね。
子供も少し大きくなってきて、連れて行っても手がかからなくなってきたために今年初めて参加してきました。

 

焼肉は室内では匂いがついてしまうと言うことで、あまり機会に恵まれないためか、
屋外で心地よい風と開放感の中で頂けたためか、いつもは小食の娘たちもたくさん頂いていましたよ。
もちろん、私も遠慮しなければと思いつつお腹いっぱいい正してしまった上に、
余ったお肉やお野菜、ビールまでたくさん両手で抱えきれないほど頂いてしまいました。

 

娘は、またお外で焼き肉をしたいっと何度も繰り返し、次のお休みの日は少し遠くの公園に出向き、
炭をおこしてバーベキューという約束を取り付けていました。
やはり、お外で焼き肉というのは子供にとっても特別美味しく感じるんですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ